強い自分でありたい

PR| 会社指導のおすすめコンサルタント

今朝、起きるとともに、なぜだか戦いを挑むような気持ちなり髪を一つに束ね、パンツスタイルにしてお侍のような気分で仕事に出かけました。昔から争い事はあまり好きではなく、何事も平和が一番だと思いながらも職場ではなぜか負けてはいけないという気持ちが時々、沸いてくることがあります。そして意気込んで会社に乗り込んだのですが、だれも私に喧嘩を売ってくるような気配もなく、私の一人相撲だとは最初からわかってはいましたが、時には誰かと張り合ったり、自己主張しようとする感情もありなのだと自分で納得をしていました。周りを敵にするというよりは、全ては自分との戦いという意味で気を張っていようという気持ちも大事なことかと最近の出来事で思いました。仲間に愛を送りつつ、強い自分でありたいということ、それが最近の私のテーマなのです。決して誰かに勝ちたいということではなく。。。

 

そんなことを考えて家に帰ると、娘が鼻息を荒くして帰ってきました。「ママ、今日ね、○○ちゃんと、大ゲンカした!」と言い出し、すぐに「でも、ちゃんと仲直りしたよ。」

よかったぁ、と思いました。この子は大ゲンカを平気で出来る子なのです。羨ましいと思いました。この思い切りよさは誰に似たのでしょうか。話はまたも延々と続いていくので、ふんふんと聞いていたのですが、途中でめんどうになり口を挟むと、ほっぺたをふくらませて、

「もう、ママには話さない!」といったままその話は一切してはくれないのです。

今どきの子は驚くほどはっきりしりしています。そんなことで近頃また一段とパワーアップした娘をみながら、「元気でなによりね」と思うのです。