不登校児の悩みについて

今、日本で増えている不登校の児童。あらゆる理由で学校に行くことができない、学校に行きたくない子供達が増えています。金銭面から、親の考えから、いじめから、環境から、学校に行けない理由は様々ですが、周りの理由、影響で、児童が学校へいけないのは間違っています。

特に、親が子供を学校へ行かせないことが問題です。子供を学校へ行かせない、家から出さないというのは、虐待にあたります。教育を受ける権利を脅かして良い親などいないのです。

子供は平等に教育を受ける権利が有り、親は、子供に教育を受けさせる義務があります。親の勝手な考え、勝手な都合で、子供に教育を受けさせない現状を早急に改善させる必要があります。

子供に教育を受けさせない親の大半が、自分の考えに頼り、悩みや不安を人に相談しようとしません。カウンセラーとして最大限の協力をしたいと思っていても、それを受け入れない、受け入れることができない親もいます。相談を聞くこと自体ができないのです。

子供に関する悩みの多くは一人では解決できない場合があります。そんな時カウンセラーを頼って欲しいと思います。不登校の児童が、学ぶべきことを学ばず大人になって社会に出ると、どうしても「社会」にとけ込めません。学校で習うべき集団の行動がわからないのです。そうした児童を増やさないためにも学校へ通って欲しいのです。

もし、相談したいことがあったり、子供のことでどうして良いかわからないことがあったら、気軽に相談してください。家から出られないときは、電話での相談もできます。

まずは、自分だけで解決しようとするのではなく、誰かに頼ってみてください。子供を産めば、親も生まれるのです。初めから子育てが全てわかる親などいないのです。自分の親に聴いたり、友達に聴いたり、調べたり、そうして子供と一緒に親も成長していくのです。

わからないことを恥ずかしいとは思わず、みんなわからないのだと思ってください。子供の成長も親の成長も一緒にサポートしていきます。