心と身体

PR|関東のめっき業者|品川のエステティックならfeela|副業ランキング|収納&本棚選びはマルゲリータ|

 

 

今回、私のところに相談に来られた方は、いじめが原因で学校に行けなくなった小学生の娘を持つ母親でした。

母親は娘の将来を案じて、転校させるべきなのか、壁を乗り越えるために無理矢理でも登校させるべきなのか、何か違う手段を取るべきなのかと、悩んでいました。母親の話によると、小学校中学年あたりから言葉のいじめが始まり、やがて身体的いじめにまで発展していったそうです。今では、過食嘔吐を繰り返し、辛い毎日を送っているそうです。母親はいじめには気づいたそうですが、その原因まではわからず、娘に聞いても答えてくれなくて、そのことでも悩んでいました。

小学生の子供が過食嘔吐を繰り返すことは、体にかなりの負担がかかります。まだ、成長しきっていない体に栄養が行き届かず、このままでは、病気になってしまいます。母親も、いろいろなものを食べさせては見たそうですが、結果はあまり変わらなかったそうです。それほど、少女の心には大きく癒えない傷ができているということです。

母親の考えは娘を学校に行かせたいというものでした。それは転校でもいいし、また今の学校に登校させてもいいという考えです。私は、その少女を転校させるにしても、登校させるにしてもまず、いじめの原因を知りそれを解消しない限りまた同じことを繰り返す可能性があると母親伝えました。一度いじめを受けた子供はまた同じことを繰り返すことを恐れます。なので、その根本を解消しない限り意味がないのです。さらに、今回は過

食嘔吐を繰り返しています。これは、今の問題が解決しなければ治まることはないでしょう。

そこで、いじめの原因を知るため、一度子供とカウンセリングができないか提案しました。やはり、原因は少女にしかわからないからです。しかし、母親が「きっと娘は家から出ない」と言ったので、「直接家に行って、家の中でカウンセリングを行うことは可能ですか?」と聞くと、「それだったら」と許可を貰えました、私は直接少女と話をするため、家を訪ねることにしたのです。

 

PR|お宝相互リンク|SEOアクセスアップ相互リンク集|スマホアフィリエイト|内職|サプリメントの選び方|ショッピングカート|フリーソフト|童話の世界|童話|pagerankexplore |

コメントを残す